Sunny Log

遊んでいる洋ゲーのことや動画投稿・配信について。Twitterで書ききれないことなど。

Marvel's Spider-Man トロコンしたのでレビュー

f:id:SunnyIsaac:20180912233910p:plain

 「ラチェット&クランク」シリーズやFPS「RESISTANCE」シリーズで有名なインソムニアックゲームズがおくる「Marvel's Spider-Man」が9月7日に国内発売となりました。ニューヨークの街中をスパイダーウェブで自由自在に動き回れるということで話題になった本作。Sunnyはひとまずトロフィーコンプリートまで遊んだので、ゲーム全体のレビューを書いてみました。

広大なニューヨークシティー

前述のとおり本作の大きな売りはニューヨークを舞台とした広大なオープンワールドである点です。東西南北、どこへ行ってもニューヨークの街が続きます。海岸線の向こうには自由の女神が見えますが、残念ながらそこまでいくことはできません。フィールドの広さはGTASkyrimなどの王道作品と比べると小さいですが、アメコミヒーローをテーマとしたゲームでここまでの広大なマップを実現することができたということには大きな意味があると思います。

f:id:SunnyIsaac:20180912233923p:plain

 移動について

スパイダーマンの移動手段はウェブスイングが中心となります。ウェブの届かない範囲ではジャンプ等を駆使して進んでいきますが、その移動は非常にスピーディー。スイング中にビルにぶつかってしまったら、ビルを登ればいいんです。もしくはパルクールのように障害物を避けていけばいいんです。従来のオープンワールドゲームでは車などで移動している最中に障害物にあたってしまい、ゲームのテンポが悪くなるという問題がありましたが、本作ではそうした移動に関するストレスがほとんど見受けられませんでした。

ゲームでは一応ファーストトラベルシステムが採用されていますが、移動をすることそのものに大きな面白さを見出すことができるので、トロコンに至るまでの間にファーストトラベルを利用したのは数回程度です(トロフィー解除でファーストトラベルを使う必要があったため)。オープンワールドゲーム特有の移動の煩わしさが面白さに変えてしまったというのは画期的なことだといえるでしょう。

f:id:SunnyIsaac:20180912233919p:plain

 戦闘システムについて

スパイディーの戦闘は基本的には格闘とウェブを中心とした接近戦がメインになります。敵は拳からスナイパーライフル、ロケットランチャーまでバリエーション豊かな装備で臨んでくるので、スパイディーはそれらの敵に対処する必要があります。敵には装備ごとに異なる方法で戦闘をしなければいけませんが、その方法も何通りかにわかれているためワンパターンにはなりづらい印象でした。

敵の攻撃はもろに食らってしまうとヘルスが思った以上に削れてしまい、すぐにゲームオーバーになってしまいます。プレイヤーは用意された環境とスキルを使っていかに効率的に敵を倒していくかを求められます。言い換えれば、面倒な敵から順番に倒していかないとすぐにゲームオーバーになったり不利な状況になってしまうということです。

以上のようなとおり、スパイディーは戦闘をたくみに進めることができる一方で、ある程度難易度の高い戦闘を強いられることになるため、遊び始めた最初のうちは死にまくると思います。トライ&エラーのような感覚で戦闘に臨む必要があります。

ミッションについて

メインミッションのボリュームは、ぶっ続けで進めて10時間程度で終わります。特に物足りなさも感じず、様々なミッションを遊ぶことができるため最後まで飽きませんでした。

サブミッションおよび街中でランダムで発生する犯罪については、少しワンパターンな印象を持ちました。またこれか、というような感じになってしまいやや作業的になりがちでした。ミッション内容のパターンは限られているためマンネリ化してくるかもしれません。メインミッションの途中で息抜きで遊んでいくといいと思いますが、メインミッションをクリアした後にまとめてサブミッションや犯罪をクリアしようとすると、やや苦行になります。

スパイダーマン好きでなくても遊んでほしい!

私はサム・ライミ監督の旧3部作とアメイジングスパイダーマンパート1、2しか見てませんし、原作コミックは一度も読んだことがありません。いわゆる「にわか」スパイダーマンファンでありますが、それでもこのゲームを十分に楽しむことができました。

アメコミヒーロー、あるいはスパイダーマンに興味がない、まったく知らないという方にも是非遊んでいただきたい一本です!むしろここからスパイダーマンの世界に入っていくのも、いいかもしれませんよ。

f:id:SunnyIsaac:20180912233927p:plain